【移行記事】JavaScript実行環境『Node.js』について調べたのでメモ

Node.js とは?一般的に JavaScript というのは Web ブラウザ上(フロントエンド)で動作する言語である。

フロントの実装をする上ではなくてはならない存在なわけだけど、「JavaScript をバックエンドでも使えたら、言語が統一できて良さげじゃない!?」と考えた人がいて、生まれたのが Node.js。

勘違いしやすいが(というかずっと勘違いしていたが)、Node.js はバックエンドで JavaScript を動かすための「実行環境」であって、言語ではない。

Node.js の特徴は?・非同期 (I/O の処理結果を待たず処理を進める)・JavaScript エンジンが Google の「V8」を採用していて、速い・npm(Node Package Manager)と呼ばれるパッケージ管理システムを同梱・ライブラリが豊富

以上のような特徴があるようだ。細かい特徴はもっと調べてみないと理解できないが、「JavaScript でバックエンドが実装できて、豊富なライブラリを簡単に管理・導入できる環境のこと」だけでとりあえず Node.js の説明になってる気がする。

Node.js のフレームワークはあるの?山ほどある。Google の検索結果としては「Express」が最もよくヒットした。他には「Sails.js」とか「Nest.js」とか。まだまだある。

Vue.js との関係は?Vue.js について勉強していたとき、Node.js が登場した記憶が曖昧だけどあったので、両者の関係をちょっと調べてみた。

Vue.js をインストールする手段として npm を利用するのが便利なため、Vue.js を導入する際には、npm が同梱されてる Node.js を合わせてインストールすることがメジャーになっているっぽい。たぶん、この手順を見たときに「Node.js」という単語を見かけたのだろう。

ちなみに、Vue.js のコマンドラインツール『Vue-CLI』を使用するには Node.js のインストールが必須となっている。ということもあって、「Vue.js のインストール = Node.js もインストール」がメジャーなんだと思う。たぶん・・・。

もうひとつちなみに、Rails アプリケーションに Vue.js を導入する場合は、gem の「webpacker」経由でインストールできるので Node.js をインストールする必要はない。

参考文献・<a href=“https://nodejs.org/ja/"&gt;Node.js&lt;/a>・<a href=“https://ja.wikipedia.org/wiki/Node.js"&gt;Node.js - Wikipedia</a>・<a href=“https://qiita.com/hshimo/items/1ecb7ed1b567aacbe559"&gt;Node.js &#x3092;5&#x5206;&#x3067;&#x5927;&#x96D1;&#x628A;&#x306B;&#x7406;&#x89E3;&#x3059;&#x308B; - Qiita</a>・<a href=“http://tech-blog.rakus.co.jp/entry/2018/03/05/094238"&gt;Node.js&amp;#x306E;&amp;#x52C9;&amp;#x5F37;&amp;#x4F1A;&amp;#x3067;&amp;#x304A;&amp;#x624B;&amp;#x8EFD;&amp;#x306B;Web&amp;#x30A2;&amp;#x30D7;&amp;#x30EA;&amp;#x3092;&amp;#x4F5C;&amp;#x3063;&amp;#x305F;&amp;#x8A71; - RAKUS Developers Blog | &#x30E9;&#x30AF;&#x30B9; &#x30A8;&#x30F3;&#x30B8;&#x30CB;&#x30A2;&#x30D6;&#x30ED;&#x30B0;</a>