アニメ感想『鬼滅の刃 竈門炭治郎 立志編』

観終わってから時間が経ってしまって、すでに記憶があいまい。

つまらなくはなかった。どちらかといえば面白い方に入ると思う。でも、そこまでハマりきれなかった。修行して「呼吸」を身につけたり、敵(鬼)の弱点が太陽だったり、鬼それぞれ個性のある異能を持っていたり、なんかジョジョっぽいな・・・と変な目で見てしまったせいかもしれない。

とはいて鬼滅隊の本部で修行した炭治朗がどう強くなったのかが気になるので、続編の劇場版『無限列車編』はぜひ観たいと思っている。もしかしたらここから面白くなっていくのかもしれないと期待感もある。

文句の付け所がなかったのが、作画。映画のようなクオリティで、特に蜘蛛の鬼(名前は忘れた)に炭治郎が火の技を放つシーンは何度も見返してしまった。あと、しのぶさんがかわいい。